トップパナケア真中について>ごあいさつ
   

 『在宅福祉サービス一筋 おかげさまで35周年』

 パナケア真中株式会社は、1975年(昭和50年2月)に真中物産(株)として創業、1996年 (平成8年12月)に現商号に変更。1984年(昭和59年10月)から在宅福祉サービス会社として、群馬県において在宅・福祉業界のパイオニアとし、地域の皆様に支えられ、育てられて 35有余年になります。
 地域包括ケアシステムに構築に向けて 「住み慣れた地域で安心・快適に生活できる社会へ」 の実現に貢献して参りたい所存でございます。
「いつでも・どこでも・誰でも・必要なサービスが・必要なだけ」ご利用いただける、 在 宅福祉サービスを感情豊かな福祉従事者が。心の通い合う きめ細やかなサービスの提供に 努めて参ります。
 当社の基本理念「少しだけ・愛を・お手伝い!」を心に留めて、 地域の皆様に心から喜んで いただけるサービス、行き届いたサービスを 末永くお届けいたします。 在宅・福祉のパイオニア として、従業員一同より一層の研鑽を重ね、 地域の皆様方のご期待に添えるよう尽力いたします。 社業の成長・発展に努めて参りますので、 これからも変わらぬ支援をお願い申し上げます。

 令和元年七月一日      
 パナケア真中株式会社 代表取締役 山ア 伊佐雄